井深大

概要

井深大(いぶかまさる) 明治四十一(1908)年戊申(つちのえさる45)四月十一日生誕 – 平成九(1997)年十二月十九日薨去(八十九歳)は、弁理士、電子技術者、実業家。

経歴

 明治四十一(1908)年戊申(つちのえさる45)四月十一日に井深大は栃木県上都賀郡日光町(現、栃木県日光市)で青銅技師で水力発電所建設技師の父・井深甫の子として誕生する。

 兵庫県立第一神戸中学校(現、 兵庫県立神戸高等学校)、第一早稲田高等学院を経て、早稲田大学理工学部を卒業する。 。 早稲田大学卒業後、写真化学研究所(Photo Chemical Laboratory、通称:PCL) に入社する。

 昭和二十一年(1946年)に東京通信工業(現、ソニー)株式会社を創業して代表取締役専務に就任する。 昭和二十五年(1950年)に代表取締役社長に就任する。 平成九(1997)年十二月十九日に井深大は薨去。八十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA