湯川秀樹

概要

 湯川秀樹(ゆかわひでき)明治四十(1907)年丁未(ひのとひつじ44)一月二十三日生誕 -昭和五十六(1981)年九月八日薨去(七十四歳)は、理論物理学者。

経歴

  明治四十(1907)年丁未(ひのとひつじ44)一月二十三日に湯川秀樹は東京府麻布区市兵衛町(現、東京都六本木)で地質学者の父・小川琢治と母小雪の三男として誕生する。

  京都第一中学校、第三高等学校を経て昭和四年(1929年)に京都帝国大学理学部物理学科を卒業する。 昭和七年(1932年)に湯川スミと結婚する。湯川家の婿養子となり、小川姓から湯川姓となる。京都帝国大学講師に就任する。

  昭和十四年(1939年)に京都帝国大学教授に就任する。 昭和二十四(1949)年七月にコロンビア大学客員教授に就任する。同年十月にノーベル物理学賞を受賞する。 昭和五十六(1981)年九月八日に湯川秀樹は薨去。七十四年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA