本田宗一郎

概平

 本田宗一郎(ほんだそういちろう) 明治三十九(1906)年丙午(ひのえうま43)十一月十七日生誕 – 平成三(1991)年八月五日薨去(八十四歳)は実業家、技術者。

経歴

  明治三十九(1906)年丙午(ひのえうま43)十一月十七日に本田宗一郎は静岡県磐田郡光明村(現、静岡県浜松市天竜区)で鍛冶屋の父・本田儀平と母・みかの長男として誕生する。  大正十一年(1922年)に二俣町立二俣尋常高等小学校(現、浜松市立二俣小学校)を卒業後、東京市本郷区湯島(現、東京都文京区湯島)の自動車修理工場「アート商会」(現、アート金属工業)に入社する。

 昭和三年(1928年)にアート商会からのれん分けの形で浜松市に支店を設立して独立する。 昭和十二年(1937年)に自動車修理工場事業を順調に拡大して「東海精機重工業株式会社」(現、東海精機株式会社)の社長に就任する。

 昭和二十一(1946)年十月に浜松市に本田技術研究所を設立する。昭和二十四年(1949年)に、ホンダの副社長となる藤沢武夫と出会い、ホンダを世界的な大企業に育て上げる。 平成三(1991)年八月五日に 本田宗一郎は薨去。八十四年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA