坂口安吾

概要

 坂口安吾(さかぐちあんご) 明治三十九(1906)年丙午(ひのえうま43)十月二十日生誕 – 昭和三十(1955)年二月十七日逝去(四十八歳)は 、小説家、評論家、随筆家。

経歴

 明治三十九(1906)年丙午(ひのえうま43)十月二十日に坂口安吾は新潟県新潟市西大畑通28番戸(現、新潟県新潟市中央区大畑町579番地)で衆議院議員の父・坂口仁一郎と母・アサの五男として誕生する。

 大正十五(1926)年四月に東洋大学印度哲学倫理学科第二科に入学する。昭和五(1930)年三月に東洋大学を卒業してアテネ・フランセ高等科に進む。昭和二十一(1946)年四月に堕落論を発表して大きな影響を与える。 昭和三十(1955)年二月十七日に坂口安吾は逝去。四十八年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA