片岡球子

概要

 片岡球子(かたおかたまこ)明治三十八(1905)年乙巳(きのとみ42)一月五日生誕 -平成二十(2008)年一月十六日薨去(百三歳)は 、日本画家。

経歴

  明治三十八(1905)年乙巳(きのとみ42)一月五日に片岡球子は北海道札幌市で誕生する。

  大正十一年(1922年)に 北海道庁立札幌高等女学校(現、北海道札幌北高等学校)師範科を卒業する。大正十五年(1926年)に女子美術専門学校(現、女子美術大学)日本画科高等科を卒業する。横浜市大岡尋常高等小学校(現、横浜市立大岡小学校)に勤めながら創作を続ける。

  昭和三十年(1955年)に女子美術大学日本画科専任講師となる。 昭和四十年(1965年)に女子美術大学教授に就任する。 昭和四十一年(1966年)に愛知県立芸術大学が開校して日本画科主任教授に就任する。

 平成元年(1989年)に文化勲章を受章する。 平成二十(2008)年一月十六日に片岡球子は薨去。百三年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA