三岸節子

概要

 三岸節子(みぎしせつこ) 明治三十八(1905)年乙巳(きのとみ42)一月三日生誕 -平成十一(1999)年四月十八日逝去(九十四歳)は 、洋画家。

経歴

 明治三十八(1905)年乙巳(きのとみ42)一月三日に三岸節子は愛知県中島郡起町(現、愛知県一宮市小信中島)の織物工場を営む父・吉田永三郎と母・菊の4女として誕生する。

 名古屋市の淑徳高等女学校(現、愛知淑徳高等学校)を卒業後、洋画を学ぶために上京して、本郷洋画研究所で岡田三郎助に師事する。女子美術学校(現、 女子美術大学)の2年次に編入学して首席で卒業する。

 大正十三年(1924年)に三岸好太郎と結婚する。昭和九年(1934年)に好太郎と死別する。昭和四十三年(1968年)にフランスへ移住する。 平成元年(1989年)にフランスから帰国して大磯のアトリエに定住する。平成六年(1994年)に女性洋画家として初めて文化功労者となる。 平成十一(1999)年四月十八日に三岸節子は逝去。九十四年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA