イサムノグチ

概要

 イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口勇) 明治三十七(1904)年甲辰(きのえたつ41)十一月十七日生誕 -昭和六十三(1988)年十二月三十日逝去(八十四歳)は、彫刻家 、造園家、作庭家、インテリアデザイナー、舞台芸術家。

経歴

 明治三十七(1904)年甲辰(きのえたつ41)十一月十七日にイサムノグチはアメリカ合衆国カルフォルニア州ロサンゼルスで詩人の父・野口米次郎とアメリカ人作家の母・レオニー・ギルモアの子として誕生する。

 大正七(1918)年六月に母の意思で単身でアメリカへ渡る。ラ・ポート高校に通学しトップの成績で卒業する。大正十二年(1923年)にニューヨークのコロンビア大学医学部準備過程に入学する。医学部に在籍しつつレオナルド・ダ・ヴィンチ美術学校の夜間の彫刻クラスに通う。

 昭和二十六年(1951年)に女優の山口淑子と結婚する。北大路魯山人に陶芸を学び、素焼きの作品制作に没頭する。昭和六十三年(1988年)に北海道札幌市のモエレ沼公園の計画に取り組む。 昭和六十三(1988)年十二月三十日にイサムノグチは逝去。 八十四年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA