笠智衆

概要

 笠智衆(りゅうちしゅう) 明治三十七(1904)年甲辰(きのえたつ41)五月十三日生誕 -平成五(1993)年三月十六日逝去(八十八歳)は、俳優。

経歴

  明治三十七(1904)年甲辰(きのえたつ41)五月十三日に笠智衆は熊本県玉名郡玉水村(現、熊本県玉名市)で浄土真宗本願寺派来照寺住職の父・笠淳心、母・トシの次男として誕生する。

 熊本県立玉名中学校(現、熊本県県立玉名高等学校)を経て、東洋大学印度哲学科に入学する。大正十四年(1925年)に大学を中退して、松竹蒲田撮影所の俳優研究所第一期研究生の募集に合格する。

 昭和十七年(1942年)に公開した小津安二郎監督の『父ありき』で主演する。以降小津作品に欠かせない存在となる。昭和四十四年(1969年)からの山田洋次監督の『男はつらいよ』シリーズで柴又帝釈天の御前様役で出演したことで知られている。 平成五(1993)年三月十六日に笠智衆は逝去。八十八年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA