小津安二郎

概要

 小津安二郎(おづやすじろう) 明治三十六(1903)年癸卯(みずのとう40)十二月十二日 生誕 -昭和三十八(1963)年 十二月十二日逝去(六十歳)は、映画監督、脚本家。

経歴

明治三十六(1903)年癸卯(みずのとう40)十二月十二日に小津安二郎は、東京市深川区亀住町4番地(現、東京都江東区深川一丁目)で父・寅之助と母・あさゑの5人兄妹の次男として誕生する。

  大正五年(1916年)に、三重県立第四中学校(現、 三重県立宇治山田高等学校)に入学して寄宿舎に入る。大正十一年(1922年)に宮前尋常高等小学校に代用教員として赴任する。

 大正十二(1923)年八月に松竹キネマ蒲田撮影所に入社する。昭和二(1927)年十一月に 蒲田時代劇部は下加茂撮影所に合併されたが、小津は蒲田に残り、以後は現代劇の監督として活動する。 昭和三十八(1963)年 十二月十二日に小津安二郎は逝去。六十年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA