佐藤栄作

概要

 佐藤榮作(さとうえいさく)明治三十四(1901)年辛丑(かのとうし38)三月二十七日生誕 -昭和五十(1975)年六月三日薨去(七十四歳)は、鉄道官僚、政治家。

経歴

 明治三十四(1901)年辛丑(かのとうし38)三月二十七日に佐藤栄作は、山口県熊毛郡田布施村田縫(現、 山口県熊毛郡田布施町)で酒造業を営む父・佐藤秀助と母・茂世の三男として誕生する。

 大正二(1913)年四月に山口県立山口中学校(現、山口県立山口高等学校)に入学する。 大正七(1918)年九月に第五高等学校に入学する。 大正十(1921)年四月に東京帝国大学法学部法律学科(独法)に入学する。

大正十二(1923)年十二月に高等文官試験(行政)に合格する。 大正十三(1924)年四月に東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業する。同年五月に鉄道省へ入省する。

昭和十九(1944)四月に大阪鉄道局長に就任する。昭和二十二(1947)年二月に運輸次官に就任する。 昭和二十三(1948)年三月に運輸次官を依願免官となる。同年十月に第二次吉田内閣で官房長官に就任する。

  昭和二十四(1949)年一月に衆議院議員に初当選する。昭和二十五(1950)四月に自由党幹事長に就任する。 昭和二十六(1951)七月に第三次吉田内閣で郵政大臣兼電気通信大臣に就任する。

  昭和三十九(1964)十一月に内閣総理大臣に就任する。 昭和四十七(1972)七月に第3次佐藤内閣が総辞職をする。昭和四十九(1974)年十二月にノーベル平和賞を受賞する。 昭和五十(1975)年六月三日に佐藤栄作は薨去。七十四年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA