大宅壮一

概要

 大宅壮一(おおやそういち) 明治三十三(1900)年庚子(かのえね37)九月十三日生誕 -昭和四十五(1970)年十一月二十二日逝去(七十歳)は、 ジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家。

経歴

  明治三十三(1900)年庚子(かのえね33)九月十三日に大宅壮一は大阪府三島郡富田村(現、大阪府高槻市)で醤油屋の父・八雄と母・トクの三男として誕生する。

 旧制富田尋常小学校、高等小学校を卒業する。旧制茨木中学(現、大阪府立茨木高等学校)に入学する。大正八年(1919年)に第三高等学校(現、京都大学)に入学する。 大正十一年(1922年)に東京帝国大学(現・東京大学)文学部社会学科に入学する。

 東京帝国大学 を中退して、新潮社で『社会問題講座』シリーズを企画編集して成功する。太平洋戦争中の昭和十六年(1941年)に海軍宣伝班としてジャワ作戦に配属される。

 昭和三十二年(1957年)に「ノンフィクションクラブ」を結成し、一匹狼のノンフィクションライター達を集め、若手ジャーナリストを育成する。昭和四十五(1970)年十一月二十二日に大宅壮一は逝去。七十年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA