永野重雄

概要

 永野重雄(ながのしげお) 明治三十三(1900)年庚子(かのえね37)七月十五日生誕 – 昭和五十九(1984)年五月四日薨去(八十三歳)は実業家。

経歴

  明治三十三(1900)年庚子(かのえね33)七月十五日に永野重雄は島根県松江市で誕生する。

 第六高等学校を経て大正十三年(1924年)に東京帝国大学法学部政治学科を卒業する。 大正十四年(1925年)に渋澤正雄の依頼を請け、倒産会社、富士製鋼の支配人兼工場長となり、再建を果たす。

 昭和九年(1934年)に製鉄大合同で富士製鋼が日本製鐵に統合されて日鐵富士製鋼所となると、永野は所長に就任する。昭和二十一年(1946年)に日本製鐵の常務取締役に就任する。

 昭和二十五年(1950年)に日本製鐵が八幡製鐵と富士製鐵に二分割され、 富士製鐵社長に就任する。昭和三十四年(1959年)に東京商工会議所会頭と日本商工会議所会頭に就任する。

  昭和四十五年(1970年)に富士製鐵と八幡製鐵の合併が成立して、新日本製鐵会長に就任する。 昭和五十九(1984)年五月四日に永野重雄は薨去。八十三年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA