中谷宇吉郎

概要

 中谷宇吉郎(なかやうきちろう)明治三十三(1900)年庚子(かのえね37)七月四日生誕 – 昭和三十七(1962)年四月十一日薨去(六十一歳)は物理学者。随筆家。

経歴

  明治三十三(1900)年庚子(かのえね33)七月四日に中谷宇吉郎は石川県江沼郡片山津町(現、石川県加賀市)で誕生する。

 大正十一年(1922年)に第四高等学校を卒業後、東京帝国大学理学部物理学科に入学する。寺田寅彦に教えを受ける。 東京帝国大学卒業後は理化学研究所で寺田研究室の助手となる。

 昭和三年(1928年)にイギリスに留学してキングス・カレッジ・ロンドンで学ぶ。帰国後、昭和五年(1930年)に北海道帝国大学理学部の助教授に就任する。 昭和六年(1931年)に京都帝国大学理学部で理学博士号を授与される。

 昭和七年(1932年)に北海道帝国大学理学部の教授に就任する。雪の結晶の研究を始め、昭和十一(1936)年三月十二日に大学の低温実験室で人工雪の製作に世界で初めて成功する。

 昭和二十年(1945年)にニセコの着氷観測所を基にして農業物理研究所を発足させ、所長に就任する。昭和三十二年(1957年)にグリーンランド氷冠の研究に着手する。毎年グリーンランドに行き研究を続ける。 昭和三十七(1962)年四月十一日に中谷宇吉郎は薨去。六十一年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA