水野成夫

概要

 水野成夫(みずのしげお) 明治三十二(1899)年己亥(つちのとい36)十一月十三日生誕 -昭和四十七(1972)年五月四日逝去(七十二歳)は、実業家。

経歴

 明治三十二(1899)年己亥(つちのとい36)十一月十三日に水野成夫は 静岡県小笠郡佐倉村(現、静岡県御前崎市)で父・水野彦次郎と母・いねの三男として誕生する。

 旧制静岡中学(現・静岡県立静岡高等学校)を経て、旧制第一高等学校を卒業する。大正十三年(1924年)に東京帝国大学法学部法律学科仏法科を卒業する。

 昭和二年(1927年)に日本共産党代表として、コミンテルン極東政治局に派遣され、中国で武漢国民政府の樹立に参画する。 昭和三年(1928年)に帰国して赤旗(現:しんぶん赤旗)初代編集長として就任する。 昭和三(1928)年三月十五日の三・一五事件で検挙され、獄中で転向を表明する。

 昭和十五年(1940年)に日清紡績社長の宮島清次郎を社長に迎えて国策パルプ工業 を創業する。国策パルプ工業の全額出資の別会社の大日本再生製紙を水野と南喜一と篠田弘作の三人で実務を担当する。

 大日本再生製紙は昭和二十年(1945年)に国策パルプ工業と合併し、水野は 国策パルプ工業常務取締役に就任する。昭和二十六(1951)年十一月に国策パルプ工業社長に就任する。

  昭和三十一年(1956年)に文化放送の社長に就任する。 昭和三十二年(1957年)にフジテレビジョンを設立し、同社初代社長に就任する。 昭和三十三年(1958年)に産業経済新聞社を買収し、同社社長に就任する。産経新聞の買収で、在京の新聞・ラジオ・テレビを握った為「マスコミ三冠王」と呼ばれる。池田勇人内閣時代に「財界四天王」の一人と称されるようになる。 昭和四十七(1972)年五月四日に水野成夫は逝去。七十二年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA