川端康成

概要

 川端康成(かわばたやすなり) 明治三十二(1899)年己亥(つちのとい36)六月十四日生誕 -昭和四十七(1972)年四月十六日逝去(七十二歳) は、小説家。文芸評論家。

経歴

  明治三十二(1899)年己亥(つちのとい36)六月十四日に川端康成は大阪府大阪市北区此花町1丁目79番屋敷(現、大阪市北区天神橋1丁目16-12)で医師の父・川端栄吉と、母・ゲンの長男として誕生する。

 明治四十五(1912)年四月に旧制茨木中学校(現、大阪府立茨木高等学校)に首席で入学する。大正二年(1913年)に小説家を志し、文芸雑誌を読みあさる。詩、短歌、俳句、作文などを試作する。

 大正六(1917)年九月に旧制第一高等学校文科第一部乙類(英文科)に入学し、寮生活に入る。 大正七(1918)年十月末に伊豆を一人旅する。岡田文太夫が率いる旅芸人の一行と道連れとなり、14歳の踊子・加藤たみの無垢な好意に癒される。

  大正九(1920)年七月に旧制第一高等学校を卒業する。同年九月に東京帝国大学文学部英文学科に入学する。 大正十一(1922)年六月に国文学科に転科する。 大正十三(1924)年三月に東京帝国大学国文科を卒業する。同年十月に横光利一、中河与一らと同人誌『文藝時代』を創刊する。

 昭和三十三(1958)年二月に国際ペンクラブ副会長に選出される。同年三月に東京国際ペンクラブでの尽力により、第6回(1958年)菊池寛賞を受賞する。 昭和四十三(1968)年十二月にノーベル文学賞を受賞する。 昭和四十七(1972)年四月十六日に川端康成は逗子マリーナのマンションの仕事部屋でガス自殺をして逝去。七十二年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA