茅誠司

概要

 茅誠司(かやせいじ) 明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)十二月二十一日生誕-昭和六十三(1988)四月九日薨去(八十九歳) は、物理学者。

経歴

  明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)十二月二十一日に茅誠司は神奈川県で誕生する。旧制厚木中学校(現、神奈川県立厚木高等学校)、東京高等工業学校(現、東京工業大学)電気科を経て、東北帝国大学理学部を卒業する。

 大正十五年(1926年)に東北帝国大学理学部助教授に就任する。昭和四(1929)年一月に東北帝国大学より「強磁性結晶体の磁化」で理学博士を授与される。 昭和六(1931)五月に北海道帝国大学の教授に就任する。昭和十八(1943)十二月に東京帝国大学の教授に就任する。 昭和三十二(1957)十二月に東京大学の総長に就任する。 昭和六十三(1988)四月九日に茅誠司は薨去。八十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA