中山伊知郎

概要

 中山伊知郎(なかやまいちろう) 明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)九月二十日生誕-昭和五十五(1980)四月九日逝去(八十一歳) は、経済学者。一橋大学初代学長。

経歴

  明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)九月二十日に三重県で山田朝報という新聞社を経営する父・中山朝之助の子として誕生する。

 旧制宇治山田中学校(現、三重県立宇治山田高等学校)、神戸高等商業学校(現、神戸大学)を経て、大正十二年(1923年)東京商科大学(現 、一橋大学)本科をを卒業する。同年四月に東京商科大学大学助手に就任する。高等試験行政科試験に合格する。昭和二年(1927年)にボン大学に留学し東畑精一とともにシュンペーターに師事する。

  昭和二年(1927年) に東京商科大学講師嘱託となる。 昭和八年(1933年)同助教授に就任する。 昭和十二年(1937年)に同教授に就任する。 昭和二十四年(1949年)に一橋大学初代学長に就任する。 昭和五十五(1980)四月九日に中山伊知郎は逝去。八十一年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA