今東光

概要

今東光(こんとうこう) 明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)三月二十六日生誕-昭和五十二(1977)九月十九日遷化(七十九歳) は、小説家。天台宗大僧正。

経歴

  明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)三月二十六日に今東光は横浜市伊勢町で日本郵船会社船長の父・武平(ぶへい)と母・綾の長男として誕生する。

 東光は父の転勤に沿い、幼年・少年期を小樽・函館・横浜・大阪・神戸の街で育つ。大正四年(1915年)に上京して小石川茗荷谷の伯父の家に寄食して画家を目指しながら文学も志し、東郷青児らと親交を結びぶ。生田長江に佐藤春夫を紹介される。 東郷青児 、佐藤春夫と第6回二科展に油彩を出品するが選に入らず絵筆を折る。

  大正九年(1920年)に第一高等学校のモグリ学生となり「盗講」と号し、塩屋温博士の中国古典講義を聴講する。昭和二年(1927年)に芥川龍之介の自殺に遭い、出家を志す。

 昭和五(1930)年十月一日に金龍山浅草寺伝法院で大森亮順大僧正を戒師として出家得度する。天台法師となり「東晃」と号する。昭和三十一年(1956年)に裏千家の機関誌『淡交』に1年間連載していた『お吟さま』で第36回直木賞を受賞し、一躍流行作家として文壇に復帰する。

 昭和四十一(1966)年五月に中尊寺貫主に晋山する。国宝金色堂の昭和大修理に努める。昭和四十三年(1968年)に参議院議員選挙全国区に自由民主党から立候補して当選し1期務める。 昭和五十二(1977)九月十九日に今東光は遷化。七十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA