井伏鱒二

概要

 井伏鱒二(いぶせますじ) 明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)二月十五日生誕-平成五(1993)七月 十日逝去(九十五歳) は、小説家。

経歴

  明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)二月十五日に井伏鱒二は広島県安那郡加茂村粟根で父・井伏郁太と母・ミヤの次男として誕生する。

 明治四十五年(1912年)に旧制広島県立福山中学校(現、 広島県立福山 誠之館高等学校)に入学する。早稲田大学文学部仏文科に入学する。大正十年(1921年)の三回生の時に担当の片上伸教授と「衝突」して、やむなく休学し帰郷する。復学の申請をするが、同教授が反対したため、やむなく中退となる。

 昭和二年(1927年)に「歪なる図案」を『不同調』誌に発表する。同年十月に遠縁の娘の秋元節代と結婚する。 昭和十三年(1938年)に『ジョン萬次郎漂流記』で第6回直木賞を受賞する。『文学界』誌の同人となる。

 昭和四十(1965)年一月から 昭和四十一(1966)年九月まで『新潮』誌に『黒い雨』(連載当初は『姪の結婚』)を連載する。この作品で同年、野間文芸賞を受賞する。同年、文化勲章を受章する。 平成五(1993)七月 十日に井伏鱒二は逝去。九十五年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA