安岡正篤

概要

 安岡正篤(やすおかまさひろ) 明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)二月十三日生誕- 昭和五十八(1983)年十二月 十三日逝去(八十五歳) は、陽明学者、哲学者、思想家。

経歴

  明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)二月十三日に安岡正篤は大阪府大阪市中央区長堀で素封家の父・堀田喜と母・悦子の四男として誕生する。

 明治三十七年(1904年)に大阪市芝尋常小学校に入学する。四書は大学から素読を始める。 明治四十三年(1910年)に旧制四條畷中学校に入学する。四條畷中学卒業後、高知県貫属士族で東京在住の安岡盛治の婿養子となる。

 第一高等学校第一部丙類(独法科)に首席で入学して首席で卒業する。大正八年(1919年)に東京帝国大学法学部政治学科に入学して、健保学者の上杉慎吉に師事する。大正十一年(1922年)に 東京帝国大学卒業記念として執筆し、出版された『王陽明研究』が反響を呼ぶ。

  東京帝国大学 卒業後に文部省に入省するが半年で辞職する。皇居内に設立されていた社会教育研究所に小尾晴敏の懇請により出講する。関東大震災ののち同研究所の組織再編に際し、学監兼教授となり、教育部長を兼任する。

 昭和二年(1927年)に酒井忠正の援助により金鶏学院を設立する。 昭和六年(1931年)に三井財閥や住友財閥などの出資により埼玉県に「日本農士学校」を創設する。

 昭和二十一年(1946年)に安岡が創設した金鶏学院や日本農士学校等の各団体や学校は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)により解散を命じられ財産は没収される。安岡は大東亜省奉職を理由に公職追放される。

  昭和二十四年(1949年)に「師友会」(後の全国師友協会)を結成する。全国各地を巡っての講演やラジオによる講話などを通じた東洋古典思想の普及活動を行う。 昭和五十八(1983)年十二月 十三日安岡正篤は逝去。八十五年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA