尾崎士郎

概要

 尾崎士郎(おざきしろう)明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)二月五日生誕- 昭和三十九(1964)年二月十九日逝去(六十六歳)は、小説家。

経歴

  明治三十一(1898)年戊戌(つちのえいぬ35)二月五日に尾崎士郎は愛知県幡豆郡横須賀村(現、西尾市)で誕生する。

 早稲田大学政治科在学中に社会主義運動にかかわる。 早稲田大学 を中退する。大逆事件の真相解明の目的で売文社を本拠に活動していた高畠素之を追って国家社会主義に身を投じる。大正十年(1921年)に時事新報の懸賞小説で、大逆事件を取材した『獄中より』が第二席で入選する。

 昭和八年(1933年)から都新聞に『人生劇場』を連載し、大ベストセラーとなる。戦前に雑誌『文芸日本』、戦後に『風報』を主宰する。 昭和三十九(1964)年二月十九日に尾崎士郎は逝去。六十六年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA