北里柴三郎

北里柴三郎

概要

 北里 柴三郎(きたざと しばさぶろう)嘉永五年癸丑(みずのとうし50)十二月二十日(1853年1月29日)生誕 -昭和六癸未(みずのとひつじ8(1931)年六月十三日薨去。(七十八歳)は、日本の医学者・細菌学者・実業家。「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献しました。

 私立北里研究所、北里研究所病因(現・学校法人北里研究所)創立者兼初代所長ならびに北里大学創立者、慶應義塾大学医学科(現・慶応義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長、慶應義塾大学病院初代病院長、日本医師会創立者兼初代会長、テルモ株式会社の設立者です。

北里大学
慶応義塾大学医学部
テルモ株式会社

経歴

 嘉永五年癸丑(みずのとうし50)十二月二十日(1853年1月29日)に肥後国阿蘇郡小国郷北里村(現・熊本県阿蘇郡小国町)に誕生。父の惟保(これのぶ、1829年 – 1902年)は庄屋を務め、温厚篤実、几帳面な性格でした。母の貞(てい、1829年 – 1897年)は豊後森藩士加藤海助の娘で幼少時は江戸で育ちました。

 明治元年(1869年)に細川藩の藩校時習館に入寮。翌年七月に廃止され、熊本医学校に入学しました。熊本医学校で教師のマンスフェルトに出会い本格的に医学に取り組みました。

コンスタント・ゲオルグ・ファン・マンスフェルト

 明治八年(1875年)に東京医学校(現・東京大学医学部)へ進学。在学中大学側と仲が悪く、何度も留年しました。明治十六年(1883年)に医学士となりました。在学中に「医者の使命は病気を予防することにある」と確信し、予防医学を生涯の仕事とする決意をしました。卒業後内務省衛生局に就職しました。

東京医学校

 明治十八年(1885年)にドイツのベルリン大学に留学。コッホに師事し、業績を上げました。明治二十二年(1889年)に世界で初めて破傷風菌だけを取り出す破傷風菌純粋培養法に成功、明治二十三年(1890年)に破傷風菌抗毒素を発見しました。血清療法という、菌体を少量ずつ動物に注射しながら血清中に抗体を生み出す画期的な手法を開発しました。

ベルリン大学
ロベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch)
破傷風菌

 明治二十三年(1890年)に血清療法をジフテリアに応用し、同僚であったベーリングと連名で「動物におけるジフテリア免疫と破傷風免疫の成立について」という論文を発表しました。論文がきっかけで欧米各国の研究所、大学から多くの招きを受けますが、明治二十五年(1892年)に帰国しました。

 帰国後、母校東京大学医学部と対立したため、日本での活躍が限られてしまいました。このため、福沢諭吉の援助により私立伝染病研究所が設立され、北里柴三郎は初代所長となりました。その後、国の寄付により、国立伝染病研究所(現・東京大学医学研究所)となり、伝染病予防と細菌学に取り組みました。明治二十七年(1894年)にペストが蔓延していた香港に政府より派遣され、病原菌であるペスト菌を発見するという業績を上げました。

福沢諭吉
ペスト菌

 大正三年(1914年)に 伝染病研究所が内務省から文部省に移管され東京帝国大学に合併され、移管に反対して所長を辞任。このとき、志賀潔をはじめとする研究所の職員全員が一斉に辞表を提出しました。大正三(1914)年十一月五日に私費を投じて北里研究所を設立。初代所長に就任しました。

志賀潔

 福沢諭吉の没後の大正六年(1917年)に福沢諭吉の恩義に報いるため、慶応義塾大学医学部を創設。初代医学部長、付属病院長に就任しました。大正十二(1923)年に日本医師会を創設。初代会長に就任しました。昭和六(1931)年六月十三日、脳溢血のため東京麻布の自宅で薨去しました。世界的な感染症医学者の七十八年の生涯でした。

著作

中国の黒死病(ペスト)と日本: 大阪、神戸、東京・・・ 未曾有の感染症とどう戦ったか 叢書 パンデミックの時代

伝記

北里柴三郎(上)-雷と呼ばれた男 新装版 (中公文庫 (や32-5))


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA