大佛次郎

概要

 大佛次郞(おさらぎじろう) 明治三十(1897)年丁酉(ひのととり34)十月九日生誕 -昭和四十八(1973)年四月三十日逝去(七十五歳)は、小説家、作家。

経歴

  明治三十(1897)年丁酉(ひのととり34)十月九日に大佛次郎は神奈川県横浜市英町で日本郵船社員の父・政助の子として誕生する。東京府立第一中学校第一高等学校を経て東京帝国大学法学部政治学科に入学する。

 大正十年(1921年)に東京帝国大学を卒業する。鎌倉高等女学校(現、鎌倉女学院高等学校)教師となり国語と歴史を教える。 大正十一年 (1922年)に外務省条約局嘱託となり、翻訳の仕事に就く。 大正十二年 (1923年)に鎌倉高等女学校を退職する。

  大正十三年(1924年)に娯楽雑誌『ポケット』に鞍馬天狗第1作「鬼面の老女」を発表して以来、昭和四十年(1965年)の「地獄太平記」まで、長編・短編計47作が発表される。大佛次郎は昭和四十八(1973)年四月三十日に逝去。七十五年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA