藤山愛一郎

概要

 藤山愛一郎(ふじやまあいいちろう) 明治三十(1897)年丁酉(ひのととり34)五月二十二日生誕 -昭和六十(1985)年二月二十二日薨去(八十七歳)は、政治家、実業家。

経歴

 明治三十(1897)年丁酉(ひのととり34)五月二十二日に藤山愛一郎は東京王子で王子製紙専務取締役の父・藤山雷太の長男として誕生する。

 慶応義塾普通部を経て慶應義塾大学政治科に進学する。大正七年(1918年)に病気療養のため中退して父が築いた藤山コンツェルンの後継者として大日本製糖社長となる。

 昭和十六年(1941年)に日本商工会議所会頭に就任する。昭和二十六年(1951年)に 日本商工会議所会頭を再任する。日本航空初代会長に就任する。経済同友会代表幹事に就任する。 昭和三十二年(1957年)に 民間人ながら岸内閣の外務大臣に就任する。

  昭和三十三年(1958年) の第28回衆議院総選挙で自民党認で、旧神奈川県第1区から立候補して初当選する。岸退陣後は総理大臣の座を目指して昭和三十五(1960)年七月の自民党総裁選に出馬するが敗北する。

 派閥維持の費用などで巨額の私財を政治につぎ込む格好となる。結果として藤山コンツェルンは解体されてしまう。藤山は資産の多くを失う。 昭和六十(1985)年二月二十二日藤山愛一郎は薨去。八十七年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA