向坂逸郎

概要

 向坂逸郎(さきさかいつろう) 明治三十(1897)年丁酉(ひのととり34)二月六日生誕 -昭和六十(1985)年一月二十二日逝去(八十七歳)は、マルクス経済学者、社会主義思想家。

経歴

 明治三十(1897)年丁酉(ひのととり34)二月六日に向坂逸郎は福岡県大牟田市で誕生する。

 福岡県立八女中学校(1年夏から3年夏までは北海道庁立小樽中学校に転校。)、第五高等学校経て、大正十年(1921年)に東京帝国大学(現、東京大学)経済学部を卒業後、東京帝国大学の助手となる。

  大正十一(1922)年十一月から 大正十四(1925)年五月までドイツのベルリンに留学する。留学中はマルクス主義関係の著作を読むことに専念する。この時期にマルクス主義の世界観をほぼ確立する。

  ドイツから帰国後、九州帝国大学(現、九州大学)助教授に任命される。大正十五年(1926年)に教授に昇進する。昭和三年(1928年)に九州帝大教授を辞任させらる。その後東京に移り、『マルクス・エンゲルス全集』の編纂と翻訳に携わる。

 昭和二十一年(1946年)に九州大学経済学部教授に復帰する。 昭和六十(1985)年一月二十二日に向坂逸郎は逝去。八十七年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA