岸信介

概要

 岸信介(きしのぶすけ) 明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)十一月十三日生誕 -昭和六十二(1987)年八月七日薨去(九十歳)は、政治家、官僚。

経歴

  明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)十一月十三日 に岸信介は山口県吉敷郡山口町八軒家(現、山口市)で、山口県庁官吏であった父・佐藤秀助と母・茂世(もよ)夫妻の次男として誕生する。

 中学3年生の時、婿養子だった父の実家・岸家の養子となる。大正三年(1914年)に山口中学校を卒業する。第一高等学校を経て大正六年(1917年)に東京帝国大学法学部に入学する。

 大正九(1920)年七月に東京帝国大学法学部法律学科を卒業する。国粋主義者の上杉慎吉から大学に残ることを強く求められ、我妻もそれを勧めたが、岸は官界を選ぶ。農商務省に入省する。

 昭和十一(1936)年十月に満州国国務院実業部総務司長に就任して渡満する。山口県出身の同郷人、鮎川義介・松岡洋右と共に「満州三角同盟」と呼ばれる。昭和十四(1939)年十月に帰国して商工次官に就任する。

 昭和二十(1945)八月十五日に戦争が終結した後故郷の山口市に帰郷する。軍需次官などを勤めた経歴により、A級戦犯被疑者として逮捕される。昭和二十三(1948)年十二月二十四日に不起訴となり放免される。

 昭和二十九(1954)年十一月に鳩山一郎と共に日本民主党を結成し幹事長に就任する。 昭和三十(1955)年十一月に新たに結成された、自由民主党の初代 幹事長に就任する。

 昭和三十一(1956)年十二月十四日に自民党総裁に立候補するが7票差で石橋湛山に敗れる。石橋内閣の外務大臣として入閣する。 昭和三十二(1957)年二月二十五日に石橋内閣を引き継ぐ形で前内閣の全閣僚を留任する。岸は外相兼任のまま第56代内閣総理大臣に就任する。

 昭和三十五(1960)年一月に全権団を率いて訪米した岸は、アイゼンハワー大統領と会談し、新安保条約の調印と同大統領の訪日で合意する。同年六月十五日に、自由民主党からの支援を受けたヤクザと右翼団体が新安保条約の 反対のデモ隊を襲撃して多くの重傷者を出す。混乱の責任を取る形で岸は閣議にて辞意を表明する。辞意表明後の同年月十四日に後継首班に池田勇人が指名された直後、岸は暴漢に刺されて重傷を負う。 昭和六十二(1987)年八月七日に岸信介は薨去。九十年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA