森信三

概要

 森信三(もりのぶぞう)明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)九月二十三日生誕 -平成四(1992)年十一月二十一日逝去(九十六歳)は、哲学者、教育者。

経歴

  明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)九月二十三日 に森信三は愛知県知多郡武豊町で父・端山俊太郎と母・はつの三男として誕生する。2歳で半田町(現、半田市岩滑地区)の森家に養子に出され森姓となる。

 大正九年(1920年)に広島高等師範学校英語科に入学する。大正十二年(1923年)に京都帝国大学文学部哲学科に入学する。主任教授西田幾多郎の教えを受ける。卒業後は同大学大学院に籍を置きつつ天王寺師範学校(現、大阪教育大学)の専攻科講師となる。

 昭和十四年(1939年)に旧満州の建国大学に赴任する。昭和二十一年(1946年)に帰国する。昭和二十二年(1947年)に個人雑誌「開顕」を創刊する。昭和二十八年(1953年)に神戸大学教育学部教授に就任する。同大学退官後の昭和四十年(1965年)に神戸海星女子学院教授に就任する。昭和五十年(1975年)に「実践人の家」を建設する。 平成四(1992)年十一月二十一日に森信三は逝去。九十六年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA