宮沢賢治

概要

 宮沢賢治(みやざわけんじ)明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)八月二十七日生誕 -昭和八(1933)年九月二十一 日逝去(三十七歳)は、詩人、童話作家。

経歴

  明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)八月二十七日に宮沢賢治は岩手県稗貫郡花巻町(現、岩手県花巻市)で父・宮澤政次郎と母・イチの長男として誕生する。

 明治三十六年(1903年)に花巻川口尋常諸学校(2年後に花城尋常小学校へ改名)に入学する。成績は優秀で6年間全科目甲だった。明治四十二(1909)年四月に岩手県立盛岡中学校(現、盛岡第一高等学校)に入学する。

 大正三(1914)年三月に盛岡中学を卒業する。父・政次郎は盛岡高等農林学校(現、岩手大学農学部)への進学を認める。賢治は受験のため猛勉強に励む。同時期に、和照 妙法蓮華経』を読み、その中の「如来寿量品」に体が震えるほどの感銘を受ける。

  大正四(1915)年四月に 盛岡高等農林学校に首席で入学する。 大正九(1920)年五月に農林学校研究生を卒業する。助教授に推薦されたが、父子ともに実業に進む考えであったため辞退する。

  大正十(1921)年一月二十三日の夕方に東京行きの汽車に乗り家出する。翌朝、上野駅に到着して鶯谷の国柱会館を訪ね、「下足番でもビラ張りでもする」と頼みこむ。政次郎は法華経と国柱会への固執を見直させようとしたが、賢治の心は変わらなかった。同年十二月三日に稗貫郡立稗貫農学校(翌年に岩手県立花巻農学校へ改称)の教諭となる。

  大正十三(1924)年四月二十日に『心象スケッチ春と修羅』を吉田印刷所で1000部を自費出版する。 大正十五(1926)年三月三十一日に花巻農学校を依願退職する。

昭和六(1931)年二月二十一日に東北砕石工場花巻出張所が開設する。技師となった賢治は製品の改造、広告文の起草、製品の注文取り・販売などで東奔西走する。同年九月十九日に40キログラムもの製品見本を鞄に詰めて上京する。 同年九月 二十日に高熱で倒れ死を覚悟して、家族に遺書を書く。同年 九月 二十八日に花巻に戻って、すぐ病臥生活となる。同年十一月に手帳に『雨ニモマケズ』を書く。 昭和八(1933)年九月二十一 日に宮沢賢治は逝去。三十七年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA