渋沢敬三

概要

 渋沢敬三(しぶさわけいぞう) 明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)八月二十五日生誕 -昭和三十八(1963)年十月二十五 日逝去(六十七歳)は、実業家、財界人、民俗学者、政治家。

経歴

明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)八月二十五日 に渋沢敬三は東京深川で父・渋沢篤二と母・敦子の長男として誕生する。

 明治四十二年(1909年)に東京高等師範学校附属小学校(現、筑波大学附属小学校)を卒業する。東京高等師範学校附属中学校(現、 筑波大学附属中学校・高等学校)入学する。深川でペストが流行ったため、三田に転居する。

 大正二年(1913年)に渋沢家の嫡男である父・篤二が病気の為に廃嫡する。祖父の栄一は敬三を後継者に指名する。大正四(1915)年四月に東京高等師範学校附属中学校を卒業する。澁澤同族株式会社が設立され同社の社長となる。同年、九月に仙台の第二高等学校に入学する。

  大正七(1918)年七月に第二高等学校卒業する。同年九月に東京帝国大学法科大学経済学科に入学する。大正十年(1921年)に「アチック・ミューゼアム(屋根裏博物館)」 をつくる。同年、東京帝国大学経済学部を卒業し、横浜正金銀行に入行する。

 大正十一年(1922年)に岩崎弥太郎の孫・木内登喜子と結婚する。ロンドン支店勤務を命ぜられ渡英する。昭和元年(1926年)に横浜正金銀行を退職する。第一銀行取締役、澁澤倉庫取締役に就任する。

 昭和九年(1934年)に日本民族学会を設立し、理事となる。 昭和十二年(1937年)に保谷に民族学博物館を開設し、アチック・ミューゼアムの資料を移管する。昭和十六年(1941年)に第一銀行副頭取に就任する。 昭和十九年(1944年)に日本銀行総裁に就任する。

 昭和二十年(1945年)に貴族院議員に就任する。空襲により三田の自邸一部を焼失する。幣原内閣の大蔵大臣に就任する。日本銀行総裁を辞任する。昭和二十一年(1946年)に預金封鎖、新円切り替えを実施する。内閣総辞職により蔵相を辞任する。澁澤同族株式会社が財閥解体の持株会社指定を受ける。公職追放される。財産税のため三田の自邸を物納する。

 昭和二十六年(1951年)に公職追放解除となる。経済団体連合会相談役に就任する。昭和二十八年(1953年)に国際電信電話(KDD)設立に伴い、社長に就任する。十和田科学博物館を開設する。

 昭和三十年(1955年)に渋沢栄一伝記資料刊行会より『渋沢栄一伝記資料』の刊行を開始する。 昭和三十一年(1956年)に文化放送会長、KDD会長、日本モンキセンター初代会長に就任する。

  昭和三十二年(1957年)に外務省移動大使として、中南米各国を歴訪する。 昭和三十六年(1961年)に東洋大学理事に就任する。小川原湖民俗博物館を開設する。 昭和三十八(1963)年十月二十五日に渋沢敬三は逝去。六十七年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA