鹿島守之助

概要

 鹿島守之助(かじまもりのすけ)明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)二月二日生誕 -昭和五十(1975)年十二月三日逝去(七十九歳)は、外交官、実業家、政治家、外交史研究家。法学博士。鹿島建設会長。

経歴

 明治二十九(1896)年丙申(ひのえさる33)二月二日 に鹿島守之助は兵庫県揖保郡半田村新在家(現、たつの市揖保川町新在家)で父・永富敏夫と母・くわんの四男として誕生する。

 龍野中学、第三高等学校、東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、外務省に入省する。昭和二(1927)年二月に鹿島精一の長女卯女と結婚して鹿島姓となる。昭和五(1930)年一月に外務省を退官して翌月に衆議院議員選挙立候補するが落選する。

 戦後公職追放となる。追放解除後の昭和二十三年(1953年)の参議院選挙で当選する。経営者としての手腕は「鹿島中興の祖」といわれるほどであり、「事業成功秘訣二十箇条」はよく知られる社訓である。 昭和五十(1975)年 十二月三日 に鹿島守之助は逝去。七十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA