佐藤賢了

概要

 佐藤賢了(さとうけんりょう) 明治二十八(1895)年乙未(きのとひつじ32)六月一日生誕 -昭和五十(1975)年二月六日逝去(七十九歳)は、陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。

経歴

 明治二十八(1895)年乙未(きのとひつじ32)六月一日 に佐藤賢了は石川県河北郡花園村字今町(現、石川県金沢市今町)で誕生する。

 大正三(1914)年四月に陸軍士官学校に入学する。 大正六(1917)年 五月二十五日に 陸軍士官学校29期を卒業する。大正十四(1925)年十一月二十七日に 陸軍大学校37期を卒業する。

 昭和五(1930)年五月にアメリカに 昭和七(1932)七月まで駐在する。 昭和七(1932)八月に砲兵少佐に進級する。野重砲兵第6連隊大隊長に就任する。昭和十二(1937)年三月 砲兵中佐に進級する。

  昭和十三(1938)年七月十五日に航空兵大佐に進級する。新聞班長兼大本営報道部長に就任する。日本評論昭和13年12月号に「東亜協同体の結成」を発表する。 昭和十六(1941)年十月十五日に陸軍少将に進級する。

  昭和二十(1945)年三月一日に陸軍中将に進級する。 同年十二月に予備役編入となる。最年少のA級戦犯となり、極東国際軍事裁判に出廷する。終身刑の判決を受けて服役し、A級戦犯では最も遅くまで拘留され昭和三十一(1956)年三月三十一日に釈放される。 昭和五十(1975)年二月六日に佐藤賢了は逝去。七十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA