矢内原忠雄

概要

 矢内原忠雄(やないはらただお)明治二十六(1893)年癸巳(みずのとみ30)一月二十七日生誕 -昭和三十六(1961)年十二月二十五日薨去(六十八歳)は、経済学者、植民政策学者。

経歴

 明治二十六(1893)年癸巳(みずのとみ30)一月二十七日に矢内原忠雄は愛媛県今治市で医者の父の子として誕生する。

 兵庫県立神戸中学校(現、兵庫県立神戸高等学校)を卒業する。明治四十三年(1910年)に第一高等学校に入学する。第一高等学校在学中に無教会主義者の内村鑑三が主催していた聖書研究会に入門を許され、キリスト教への信仰を深めていく。

 大正六年(1917年)に東京帝国大学法科大学政治学科を卒業する。住友総本店に入社して別子銅山に配属される。大正九年(1920年)に新渡戸稲造が国際連盟事務次長への転出に伴い、後任として東京帝国大学経済学部に呼び戻され助教授に就任する。。同年秋にフランス・アメリカなどへの留学を経て、大正十二年(1923年)に帰朝する。

 昭和十二(1937)年十一月二十四日に土方成美は教授会で、矢内原の言論活動を非難する。同年十二月一日に、事実上追放される形で、東大教授辞任を余儀なくされ、辞表を提出して退官する。

 辞職後は、『通信』に変えて『嘉信』を毎月定期的に発行する。毎日曜日、自宅で若者に対して聖書の講義をしたり、月一回の帝大聖書研究会を行う。キリスト教信仰に基づく信念と平和主義を説き続ける。

 昭和二十(1945)年十一月に経済学部からの要請で東京帝国大学経済学部に復帰する。昭和二十一年(1946年)に社会科学研究所長に就任する。昭和二十三年(1948年)に経済学部長に就任する。昭和二十六年(1951年)に、南原繁の後任として東京大学総長に選出される。昭和三十二年(1957年まで2期6年務める。

 東京大学総長退任後は精力的に講演活動を行う。昭和三十六(1961)年七月に北海道大学の学生のために「内村鑑三とシュヴァイツァー」と題してを講演して、「立身出世や自分の幸福のことばかり考えずに、助けを求めている人々のところに行って頂きたい」と話し、「畑は広く、働き人は少ない」という聖書の言葉で結ぶ。昭和三十六(1961)年十二月二十五日に矢内原忠雄は薨去。六十八年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA