吉川英治

概要

 吉川英治(よしかわえいじ)明治二十五(1892)年壬辰(みずのえたつ29)八月十一日生誕 -昭和三十七(1962)年九月七日逝去(七十歳)は、小説家。本名は吉川英次(よしかわひでつぐ)。

経歴

 明治二十五(1892)年壬辰(みずのえたつ29)八月十一日に吉川英治は、神奈川県久良岐郡中村根岸(現、神奈川県横浜市中区山元町2丁目18番地付近)で旧小田原藩士の父・吉川直広と母・イクの次男として誕生する。

 明治三十一年(1898年)に横浜市千歳町の私立山内尋常高等小学校に入学する。明治三十三年(1900年)に横浜市清水町に移転し太田尋常高等小学校に転校する。明治三十六年(1903年)に家運が傾き小学校を中退する。

 明治四十二年(1909年)に年齢を偽って横浜ドック船具工となる。明治四十三年(1910年)に上京して、菊川町のラセン釘工場の工員となる。明治四十四年(1911年)に蒔絵師の家に住み込み徒弟となる。川柳の世界に入り、雉子郎(きじろう)の筆名で作品を発表する。

 大正十年(1921年)に旅先から応募していた講談社の懸賞小説三篇が入選する。同年暮れに東京毎夕新聞社に入社する。大正十二年(1923年)に 人気芸妓だった赤沢やすと結婚する。関東大震災を機に文学で生計を立てることを決意する。

 大正十四年(1925年)に『キング』誌が創刊され「剣難女難」を連載して人気を得る。初めて吉川英治の筆名を使う。大正十五年(1926年)に 「鳴門秘帖」を連載して大人気となり、時代小説家として大衆文学界の新鋭となる。昭和十年(1935年)に「宮本武蔵」の連載を開始する。

 昭和十二年(1937年)に日中戦争が勃発する。『毎日新聞』の特派員として現地を視察する。旅行中やすとの離婚が成立する。料理屋で働いていた池戸文子と結婚する。昭和十三年(1938年)にペン部隊として南京、漢口作戦に従軍する。「三国志」の執筆を開始する。

 昭和十九年(1944年)に西多摩郡吉野村(現在の青梅市)に疎開する。疎開地が後に記念館になる。昭和二十(1945)年八月十五日に終戦となり、一時執筆活動を休止する。昭和二十二年(1947年)に執筆を再開する。

 昭和二十三年(1948年)-「高山右近」を『読売新聞』に連載する。昭和二十五年(1950年)に「新・平家物語」を『週刊朝日』に連載する。昭和二十八年(1953年)に「新・平家物語」で第1回菊池寛賞を受賞する。昭和三十一年(1956年)に「新・平家物語」で朝日文化賞を受賞する。

 昭和三十五年(1960年)に文化勲章を受章する。昭和三十七(1962)年に毎日芸術賞を受賞する。同年九月七日に吉川英治は逝去。七十年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA