河合栄治郎

概要

 河合栄治郎(かわいえいじろう)明治二十四(1891)年辛卯(かのとう28)二月十三日生誕 -昭和十九(1944)年二月十五日逝去(五十三歳)は、社会思想家、経済学者。

経歴

 明治二十四(1891)年辛卯(かのとう28)二月十三日に河合栄治郎は東京府南足立郡千住町(現、東京都足立区千住2丁目)での酒屋を営んでいた家の子として誕生する。

 東京府立第三中学校(現、東京都立両国高等学校)、第一高等学校をへて、大正四年(1915年)に東京帝国大学法科大学政治学科を卒業する。労働問題に生涯を捧げる決意をもって農商務省に入省する。

 工場法の研究のため米国に出張する。帰国後第1回ILO(国際労働機関)会議に対する日本政府方針草案の起草に尽力したが、その改革案は容れられず農商務省を辞職する。

 大正九年(1920年)に東京帝国大学助教授となり経済学史を担当する。大正十一年(1922年)にイギリスに留学する。大正十五年(1926年)に東京帝国大学教授に就任する。河合の学問の対象はイギリスの社会思想史であり、それに基づいて社会政策学を構築した。

 河合はファシズム批判の論陣を張り、右派陣営からの攻勢が強まる。土方成美らとの対立が激しくなり、昭和十四(1939)年一月三十一日に東京帝国大学総長の平賀譲の裁定により休職を発令される。

 昭和十五年(1940年)に『学生に与う』を箱根の旅館で執筆するなど、学生叢書の刊行を継続しながら学生・青年に理想主義を説き続けた。昭和十九(1944)年二月十五日に河合栄治郎は逝去。五十三年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA