福留繁

概要

 福留繁(ふくとめしげる)明治二十四(1891)年辛卯(かのとう28)二月一日生誕 -昭和四十六(1971)年二月六日逝去(八十歳)は、海軍軍人。最終階級は海軍中将。

経歴

 明治二十四(1891)年辛卯(かのとう28)二月一日生誕 -昭和四十六(1971)年二月六日に福留繁は鳥取県西伯郡所子村大字福尾(現、鳥取県西伯郡大山町)で誕生する。

 明治三十八年(1905年)に鳥取県立米子中学校(現鳥取県立米子東高等学校)に入学する。明治四十二(1909)年九月十一日に海軍兵学校に入校する。明治四十五(1912)年七月十七日に海軍兵学校を成績順位144名中第8位で卒業する(40期)。

 大正十五(1926)十一月二十五日に海軍大学校甲種を首席で卒業する(24期)。昭和四年(1929年)中佐に進級する。昭和七(1932)年十二月に欧米各国への留学に出発する。昭和八(1933)年十一月十五日に海軍大佐に進級する。連合艦隊首席参謀兼第一艦隊参謀に就任する。

 昭和十(1935)年十月三十日に軍令部第一課長に就任する。昭和十三(1938)年十二月十五日に戦艦「長門」艦長に就任する。昭和十四(1939)年十一月十五日に海軍少将に進級する。連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長に就任する。

 昭和十六(1941)年四月十日に軍令部第一部長に就任する。昭和十七(1942)年十一月一日に海軍中将に進級する。昭和十八(1943)年五月二十三日に連合艦隊参謀長に就任する。昭和十九(1940)年三月三十一日に海軍乙事件が発生する。同年六月十五日に第二航空艦隊司令長官に親補される。

 昭和二十(1945)年一月十三日に第十三航空艦隊兼第一南遺艦隊司令長官に親補される。同年二月五日に第十方面艦隊司令長官を兼任する。同年八月十五日にシンガポールで終戦を迎える。東京裁判で戦犯に指定され、英軍戦犯として禁固三年の判決を受ける。昭和二十五年(1950年)に復員する。

 昭和三十(1955)年九月二十四日に防衛庁顧問に就任する。昭和四十六(1971)年二月六日に福留繁は逝去。八十年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA