宇垣纒

概要

 宇垣纒(うがきまとめ)明治二十三(1890)年庚寅(かのえとら27)二月十五日生誕 -昭和二十(1945)年八月十五日逝去(五十五歳)は、海軍軍人。最終階級は海軍中将。

経歴

 明治二十三(1890)年庚寅(かのえとら27)二月十五日に宇垣纒は岡山県赤磐郡潟瀬村(現、岡山県岡山市瀬戸町肩脊)の農家で教師の父・善蔵の子として誕生する。

 明治四十二(1909)年九月十一日に海軍兵学校に入校する。入校成績順位は150名中第9位。明治四十五(1912)年七月十七日に海軍兵学校を成績順位144名中第9位で卒業する(40期)。

 大正二(1913)年十二月一日に海軍少尉に任官する。大正四(1915)年十二月十三日に海軍中尉に進級する。大正七(1918)年十二月一日に海軍大尉に進級する。大正十三(1924)年十一月海軍大学校甲種学生を卒業する(22期)。同年十二月一日に海軍少佐に進級する。

 大正十四(1925)年十二月一日に海軍軍令部参謀となる。昭和三(1928)年十一月十五日にドイツ駐在海軍武官補に就任する。同年十二月十日に海軍中佐に進級する。昭和五(1930)年十二月一日に第5戦隊参謀に就任する。昭和六(1931)年十二月一日に第2艦隊参謀に就任する。

 昭和七(1932)年十一月十五日に海軍大学校教官に就任する。同年十二月一日に海軍大佐に進級する。昭和十(1935)年十月三十日に連合艦隊参謀兼第1艦隊参謀に就任する。昭和十二(1937)年十二月一日に戦艦「日向」艦長に就任する。

 昭和十三(1938)年十一月十五日に海軍少将に進級する。軍令部出仕となる。同年十二月十五日に軍令部第1部長に就任する。昭和十六(1941)年八月一日に連合艦隊参謀長兼第1艦隊参謀長に就任する。昭和十七(1942)年十一月一日に海軍中将に進級する。

 昭和十八(1943)年四月十八日に山本長官の僚機で被弾して負傷する(海軍甲事件)。同年五月二十二日に軍令部出仕となる。昭和十九(1944)年二月二十五日に第1戦隊司令官に就任する。

 昭和二十(1945)年二月十日に第5航空艦隊司令長官に親補される。同年八月十日に第3航空艦隊司令長官に親補される。同年八月十五日に沖縄方面へ特攻出撃して沖縄付近の海面に墜落し逝去する。宇垣纒は五十五年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA