内田百閒

概要

 內田百閒(うちだひゃっけん)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)五月二十九日生誕 -昭和四十六(1971)年四月二十日逝去(八十一歳)は、小説家、随筆家。本名は內田榮造。別号は百鬼園(ひゃっきえん)。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)五月二十九日に内田百閒は 岡山県岡山市(現、岡山県岡山市中区)古京町一丁目百四十五番地に、造り酒屋の父・久吉と母・峯の一人息子として誕生する。

 明治三十八年(1905年)に父・久吉が死去する。実家の志保屋が倒産して経済的に困窮する。『吾輩は猫である』を読み、夏目漱石に傾倒する。明治四十年(1907年)に岡山中学校を卒業する。同年、第六高等学校(現、岡山大学)に入学する。

 明治四十三年(1910年)に第六高等学校を卒業する。上京して東京帝国大学文科大学に入学する(文学科独逸文学専攻)。明治四十四年(1911年)に療養中の夏目漱石を見舞い、門弟となる。大正三年(1914年)に 東京帝国大学独文科を卒業する。

 大正七年(1918年)に芥川龍之介の推薦により、海軍機関学校のドイツ語学兼務教官嘱託となる。大正九年(1920年)に法政大学教授(予科独逸語部)に就任する。大正十四年(1925年)に陸軍士官学校教授を辞任する。債権者に追われ家族と別居する。陸軍砲工学校教授依願免官となる。

 昭和四年(1929年)に東京市牛込区(現、東京都新宿区)の合羽坂に転居する。法政大学航空研究会会長に就任する。航空部長として、学生の操縦による青年日本号訪欧飛行を計画・実現する。

 昭和九年(1934年)に「法政騒動」を機に法政大教授を辞職する。以後文筆業に専念する。昭和二十年(1945年)の東京大空襲により東京都麹町区土手三番町(現、東京都千代田区五番町)の自宅を焼失する。隣接する松木男爵邸内の掘立小屋に移住する。

 昭和二十三年(1948年)に東京都千代田区六番町6に三畳間が3つ並んだ三畳御殿の新居が完成する。昭和二十七年(1952年)に鉄道開業80周年を記念して、東京駅一日駅長に就任する。

 昭和四十二年(1967年)に芸術院会員に推薦されるが断る。辞退の弁は「イヤダカラ、イヤダ」。昭和四十六(1971)年四月二十日に内田百閒は逝去。八十一年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA