アドルフ・ヒトラー

概要

 アドルフ・ヒトラー( Adolf Hitler)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)4月20日生誕 -昭和二十(1945)4月30日逝去(56歳)は、ナチス・ドイツの政治家。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)4月20日にアドルフ・ヒトラーはオーストリア=ハンガリー帝国オーバーエスターライヒ州でオーストリア帝国大蔵省の守衛の父・アロイス・ヒトラーとアロイス宅の住み込み家政婦だった母・クララ・ヒトラーの四男として誕生する。

 1900年に小学校を卒業する。大学予備課程(ギムナジウム)に進めず、リンツの実技学校(リアルシューレ)に入学する。1904年にシュタイアー実技学校に入学する。1905年にシュタイアー実技学校を中退する。

 1908年にアカデミー受験を断念する。下宿生活を終えて住居を転々とする。1909年に住所不定の浮浪者として警察に補導される。独身者向けの公営住宅に入居する。1914年の第一次世界大戦にドイツ帝国が参戦するとバイエルン軍に義勇兵として志願する。

 1920年にドイツ労働者党の活動に傾倒し、軍を除隊する。党は国家社会主義ドイツ労働者党と改名する。1921年に党内抗争で初代党首アントン・ドレクスラーを失脚させ、第一議長に就任する。

 1926年に『我が闘争』を出版する。党内左派の勢力を弾圧し、指導者原理による党内運営を確立する。1928年にナチス党としての最初の国政選挙で12の国会議席を獲得する。1932年にドイツ国籍を取得する。大統領選に出馬して決選投票でヒンデンブルクに敗北し落選する。しかし国会選挙では第一党に躍進してさらに影響力を高める。

 1933年にヒンデンブルク大統領から首相指名を受ける。全権委任法が制定され一党独裁体制を確立する。1934年に突撃隊幹部を粛清して独裁体制を強化する。ヒンデンブルクが病没する。大統領の職能を継承し、国家元首となる。

 1938年にオーストリアを武力恫喝して併合する。ウィーンに凱旋する。1939年にチェコスロバキアへ武力恫喝してチェコを保護領にする。スロバキアを保護国化にする。同年に独ソ不可侵協定を締結する。同年9月1日にポーランド侵攻を開始する。イギリス・フランスによるドイツへの宣戦布告により第二次世界大戦が勃発する。

 1943年にスターリングラード攻防戦で大敗する。連合軍が北アフリカ、南欧に攻撃を開始する。イタリアが降伏する。1944年にソ連軍の一大反攻により東部戦線が崩壊する。連合軍が北フランスに大規模部隊を上陸させる。昭和二十(1945)4月30日にベルリン内の総統地下壕内で自殺する。アドルフ・ヒトラーは56年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA