アーノルド・J・トインビー

概要

 アーノルド・ジョゼフ・トインビー(Arnold Joseph Toynbee )明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)四月十四日生誕 -昭和五十(1975)年十月二十二日逝去(八十六歳)は、イギリスの歴史家、歴史哲学者。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)四月十四日にアーノルド・J・トインビーはロンドンで慈善組織教会の主事の父・ハリー・ヴァルピー・トインビー(Harry Valpy Toynbee、1861-1941)と母・サラ・エディス・マーシャル(Sarah Edith Marshall、1859-1939)の子として誕生する。

 奨学金を得てウィンチェスター・カレッジとオックスフォード大学ベリオール・カレッジで学ぶ。ギリシャのアテネ・ブリティッシュ・スクールに短期留学して文明の衰退に関するトインビーの哲学に影響を与えた。

 大正四年(1915年)にイギリス外務省情報部に勤務する。大正八年(1919年)にパリ講和会議の代表を務めた後、ロンドン大学でビザンチン・現代ギリシャ史の教授を務める。

 大正十四年(1925年)にロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの国際史の研究教授、王立国際問題研究所の研究部長に就任する。昭和十二年(1937年)にイギリスの人文・社会科学の国立アカデミーであるイギリス学士院のフェローに選出される。昭和五十(1975)年十月二十二日にアーノルド・J・トインビーは逝去。八十六年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA