柳宗悦

概要

 柳宗悦(やなぎむねよし)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)三月二十一日生誕 -昭和三十六(1961)年五月三日逝去(七十二歳)は、民藝運動を起こした思想家、美学者、宗教哲学者。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)三月二十一日に柳宗悦は東京府麻布区市兵衛町二丁目で海軍少将の父・柳楢悦と母・勝子の三男として誕生する。

 学習院高等科を経て東京帝国大学文科大学に入学して、大正二年(1913年)に東京帝国大学文科大学哲学科心理学専修を卒業する。ウォルト・ホイットマンの「直観」を重視する思想に影響を受けて、芸術と宗教に立脚する独特な柳思想の基礎となる。

 大正三年(1914年)に声楽家の中島兼子と結婚する。母・勝子の弟の嘉納治五郎が千葉県我孫子に別荘を構えており、宗悦は我孫子へ転居する。我孫子には志賀直哉、武者小路実篤ら白樺派の面々が移住して旺盛な創作活動を行う。陶芸家の濱田庄司との交友は我孫子ではじまる。

 白樺派では、西洋美術を紹介する美術館を建設しようとする動きがあり、宗悦たちはそのための作品蒐集をした。フランスの彫刻家ロダンと文通して、日本の浮世絵と交換でロダンの彫刻を入手する。

 朝鮮の小学校で教鞭をとっていた浅川伯教が、ロダンの彫刻を見に宗悦の家を訪ねてくる。浅川が手土産に持参した「染付秋草文面取壺」を見て宗悦は朝鮮の工芸品に心魅かれる。

 大正八年(1919年)に東洋大学教授に就任する。大正十二(1923)年九月一日の関東大震災を機に京都へ転居する。同社大学、同社女学校専門学部、関西学院の講師に就任する。

 木喰仏に注目し、大正十三年(1924年)から全国の木喰仏調査を行う。民衆の暮らしのなかから生まれた美の世界を紹介するため、大正十四年(1925年)から「民藝」の言葉を用いる。大正十五年(1926年)に柳宗悦と陶芸家の富本憲吉、濱田庄司、河井寛次郎の四人の連名で「日本民藝美術館設立趣意書」を発表する。

 昭和十一年(1936年)に実業家の大原孫三郎の支援によって、東京駒場に日本民藝館が開設され、柳宗悦が初代館長となる。昭和三十二年(1957年)に文化功労者に選定される。昭和三十六(1961)年五月三日に柳宗悦は逝去。七十二年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA