石原莞爾

概要

 石原莞爾(いしわらかんじ)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)一月十八日生誕- 昭和二十四(1949)年八月十五日逝去(六十歳)陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)一月十八日に石原莞爾は山形県西田川郡鶴岡(現、山形県鶴岡市)で飯能警察署長の父・石原啓介と母・カネイの三男として誕生する。

 明治三十五(1902)年九月に仙台陸軍地方幼年学校に入校する。明治三十八(1905)九月に東京陸軍中央幼年学校に入校する。明治四十(1907)年五月に東京陸軍中央幼年学校を卒業する。同年十二月に陸軍士官学校に入学する。

 明治四十二(1909)年五月二十七日に陸軍士官学校を卒業する。同年十二月二十五日に陸軍歩兵少尉に任官する。大正二(1913)二月に陸軍歩兵中尉に進級する。大正四(1915)年十一月に陸軍大学校に入校する。

 大正七(1918)年十一月に陸軍大学校を卒業する。大正八(1919)年四月に陸軍歩兵大尉に進級する。歩兵第65連隊中隊長に就任する。大正八(1919)年四月に中支那派遣隊司令部附となる。国柱会会員となる。

 大正十一(1922)年九月にドイツ駐在となる。大正十三(1924)年八月に陸軍歩兵少佐に進級する。大正十四(1925)年十月に 陸軍大学校教官になり、古戦史を担当する。昭和三(1928)年八月に陸軍歩兵中佐に進級する。

 昭和六(1931)年九月十八日に満州事変が勃発する。東北三省の制圧を指揮する。同年十月五日に関東軍作戦課長に就任する。昭和七(1932)年八月八日に陸軍歩兵大佐に進級する。昭和十(1935)年八月一日に参謀本部作戦課長に就任する。

 昭和十二(1937)年三月一日に陸軍少将に進級する。参謀本部第1部長に就任する。昭和十四(1939)年八月一日に陸軍中将に進級する。同年八月三十日に第16師団長に就任する。

 昭和十六(1941)年三月三十一日に予備役編入となる。同年四月に立命館大学講師となる。同年九月に 立命館大学講師を辞職する。昭和二十四(1949)年八月十五日に石原莞爾は逝去。六十年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA