菊池寛

概要

 菊池寛(きくちかん)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十二月二十六日生誕 -昭和二十三(1948)年三月六日逝去(五十九歳)は、小説家、劇作家、ジャーナリスト、実業家。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十二月二十六日に菊池寛は香川県香川郡高松市七番丁で父・菊池武脩(たけなが)と母・カツの四男として誕生する。

 明治三十六年(1903年)に高松中学校に入学する。中学3年の時、高松に初めて図書館ができるとここに通って本を読み耽り、2万冊の蔵書のうち、興味のあるものはすべて借りた。

 高松中学校を卒業すると、東京高等師範学校に入学する。教師になる気がなく授業を受けず除籍処分となる。文学の道を志し第一高等学校の受験の準備をする。明治四十三年(1910年)に第一高等学校第一部乙類に入学する。同期入学に芥川龍之介、久米正雄がいた。

 第一高等学校卒業直前に、盗品と知らずマントを質入れするマント事件が原因となり退学する。その後、京都帝国大学文学部英文科に入学する。大正五(1916)年七月に京都帝国大学を卒業する。上京して、芥川、久米と夏目漱石の木曜会に出席する。

 時事新報社会部記者となるが、同社を退社して執筆活動に専念する。翌年大阪毎日新聞・東京毎日新聞に連載した「真珠夫人」が大評判となり人気作家となる。

 大正十二(1923)年一月に、若い作家のために雑誌『文藝春秋』を創刊する。昭和十年(1935年)に新人作家を顕彰する「芥川龍之介賞」「直木三十五賞」を設立する。

 昭和十三年(1938年)に内閣情報部は作家を動員して従軍(ペン部隊)するよう命令する。菊池は「文芸銃後運動」をはじめる。これは作家たちが昼間は全国各地の陸海軍病院に慰問し、夜は講演会を開くというものだった。昭和十八年(1943年)に映画会社「大映」の社長に就任して、国策映画作りに奮迅する。

 昭和二十二年(1947年)にGHQから公職追放の指令が下される。昭和二十三(1948)年三月六日に菊池寛は逝去。五十九年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA