石田退三

概要

石田退三(いしだたいぞう)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十一月十六日生誕 -昭和五十四(1979)年九月十八日薨去(九十歳)は、実業家。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十一月十六日に石田退三は愛知県知多郡小鈴谷村字大谷(現、愛知県常滑市)で農家の父・澤田徳三郎の五男として誕生する。

 父親を早くになくし、遠戚に当たる児玉一造(豊田佐吉と親交があり、弟は佐吉の婿養子となる豊田利三郎)の支援で滋賀県立第一中学校(現、滋賀県立彦根東高等学校)を卒業する。

 児玉の紹介で「服部商店」(現、興和)に入社して上海駐在中に豊田佐吉と出会う。店主・服部兼三郎の急逝後に豊田紡織(現、トヨタ紡織)に入社する。

 豊田自動織機製作所自動車部発足後、豊田紡織の監査役となる。自動車部のピストンリングを探して欲しいと頼まれたときに本田宗一郎と出会い、ピストンリング製作の下請けを依頼する。

 戦後の経営危機の中、豊田自動織機はすぐに経営が安定した。昭和二十五年(1950年)にトヨタ自動車工業社長を兼務する。朝鮮戦争勃発により急速に業績が回復する。

 昭和三十六(1961)年八月に会長に就任する。昭和四十六(1971)年一月に相談役に就任する。昭和五十四(1979)年九月十八日に石田退三は薨去。九十年の生涯を終えた。 


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA