大内兵衛

概要

 大内兵衛(おおうちひょうえ)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)八月二十九日生誕 -昭和五十五(1980)年五月一日逝去(九十一歳)は、マルクス経済学者。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)八月二十九日に大内兵衛は兵庫県三原郡高田村(現、兵庫県南あわじ市松帆脇田)で誕生する。

 洲本中学校、第五高等学校を経て、大正二年(1913年)に 東京帝国大学法科大学経済学科を首席で卒業する。同年、大蔵省に入省する。大正八年(1919年)に 東京帝国大学経済学部助教授に就任する。大正十二年(1923年)に 東京帝国大学経済学部教授に就任する。

 昭和二十二年(1947年)「財政学大綱」で 経済学博士の学位を取得する。昭和二十四年(1949年)に 東京大学を定年退官する。昭和二十五年(1950年)に 法政大学総長に就任する。昭和三十四年(1959年)に 法政大学総長を退任する。経済理論学会代表幹事に就任する。昭和五十五(1980)年五月一日に大内兵衛は逝去。九十一年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA