里見弴

概要

 里見弴(さとみとん)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)七月十四日生誕 -昭和五十八(1983)年一月二十一日逝去(九十四歳)は、小説家。本名は山内英夫(やまのうちひでお)。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)七月十四日に里見弴は神奈川県横浜市で実業家の父・有島武と母・幸子の四男として誕生する。誕生する直前に母方の叔父の山内英郎が死去したため、出生直後にその養子となり山内英夫と名乗る。有島家の実父母の元で他の兄弟と同様に育てられる。

 明治三十三年(1900年)に学習院中等科に入学する。学習院高等科を経て東京帝国大学文学部英文科に入学する。同校を退校して、イギリス人のバーナード・リーチからエッチングを学ぶ。

 明治四十三(1910)年四月に志賀直哉や武者小路実篤らが創刊した雑誌『白樺』に有島武郎と有島生馬の2人の兄と共に同人として参加する。ペンネームを里見弴とする。志賀の『暗夜行路』冒頭に出てくる友人・阪口は、里見弴がモデルである。

 昭和二十年(1945年)に川端康成らと鎌倉文庫創設に参加する。昭和二十二年(1947年)に日本芸術院会員となる。大船の撮影所にもよく出入りし、小津安二郎監督と組んでいくつかの映画の製作にもかかわる。歌舞伎、新派、文学座など、原作や戯曲や演出を行う。昭和三十四年(1959年)に文化勲章を受章する。昭和五十八(1983)年一月二十一日に里見弴は逝去。九十四年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA