小泉信三

概要

 小泉信三(こいずみしんぞう)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)五月四日生誕 -昭和四十一(1966)年五月十一日薨去(七十八歳)は、経済学者。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)五月四日に東京府東京市芝区で旧紀州藩士の父・小泉信吉と母・千賀の第三子として誕生する。

 明治四十三年(1910年)に慶応義塾大学政治科を卒業して慶應義塾の教員となる。大正元(1912)年九月に研究のためヨーロッパへ留学する。大正五年(1916年)に帰国して慶應義塾大学教授に就任する。デヴィッド・リカードの自由貿易を擁護する経済理論を講義する。

 昭和八年(1933年)に慶應義塾長に就任する。昭和九年(1934年)に「『リカアドオ』研究」で慶應義塾経済学博士の学位を取得する。昭和二十二年(1947年)に慶應義塾長を任期満了で退任する。

 昭和二十四年(1949年)に、東宮御教育常時参与に就き、皇太子明仁親王(平成天皇、現在の上皇)の教育掛として帝王学を講義する。昭和三十四(1959)年十一月に文化勲章を受章する。昭和四十一(1966)年五月十一日に小泉信三は薨去。七十八年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA