九鬼周三

概要

 九鬼周造(くきしゅうぞう)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)二月十五日生誕 -昭和十六(1941)五月六日逝去(五十三歳)は、哲学者。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)二月十五日に九鬼周三は東京府東京市で文部官僚で男爵の父・九鬼隆一と母・波津子の四男として誕生する。

 明治三十七年(1904年)に東京高等師範学校附属中学校(現、筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業する。第一高等学校を経て東京帝国大学文科大学哲学科を卒業する。卒業後、ヨーロッパ諸国へ足かけ8年間留学する。マルティン・ハイデッガーから現象学を学ぶ。

 昭和四年(1929年)に帰国して京都帝国大学講師に就任する。昭和五年(1930年)に『「いき」の構造』を発表する。昭和七年(1932年)に博士論文「偶然性」を提出し京都帝国大学文学博士の学位を取得する。昭和十年(1935年)に京都帝国大学西洋近世哲学史講座の教授となる。

昭和十六(1941)五月六日に九鬼周三は腹膜炎により逝去。五十三年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA