藤田嗣治

概要

 藤田嗣治(ふじたつぐはる)明治十九(1886)年丙戌(ひのえいぬ23)十一月二十七日生誕 -昭和四十三(1968)年一月二十九日逝去(八十一歳)は、画家、彫刻家。

経歴

 明治十九(1886)年丙戌(ひのえいぬ23)十一月二十七日に東京市牛込区(現、東京都新宿区)新小川町の軍医の父・藤田嗣章の子として誕生する。

 明治三十三年(1900年)に高等師範附属小学校(現、筑波大学附属小学校)を卒業する。明治三十八年(1905年)に高等師範附属中学校(現、筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業する。

 明治三十八年(1905年)に東京美術学校(現、東京藝術大学美術学部)西洋画科に入学する。明治四十三年(1910年)に東京美術学校を卒業する。

 大正二年(1913年)に渡仏する。パリのモンパルナスに居を構える。フランス社交界で「東洋の貴公子」ともてはやされた、大富豪の薩摩治郎八との交流は藤田の経済的支えとなった。

 大正三(1914)年七月二十八日に第一次世界大戦が勃発する。日本からの送金が途絶えて生活は貧窮する。戦時下のパリでは絵が売れず、食事にも困る。大正六年(1917年)頃から絵が売れ始める。大正七(1918)年十一月十一日に第一次世界大戦が終結する。戦後の好景気に合わせて多くのパトロンがパリに集まって来ており、この状況が藤田に追い風となる。

 昭和十四(1939)年九月に第一次世界大戦が勃発する。昭和十五年(1940年)にドイツにパリが占領される直前に藤田はパリを離れ、日本に帰国することを余儀なくされる。陸軍美術協会理事長に就任する。

 昭和二十(1945)年十一月頃にGHQに見いだされて戦争画の収集作業に協力させられる。こうした日本国内の情勢に嫌気が差した藤田は、昭和二十四年(1949年)に日本を去り、フランスに戻る。

 フランスで再会を果たしたパプロ・ピカソとの交友は晩年まで続く。昭和三十年(1955年)にフランス国籍を取得する。昭和三十二年(1957年)にフランス政府からレジオンドヌール勲章シュバリエ章を贈られる。

 昭和三十四年(1959年)にフランスのノートルダム大聖堂でカトリックの洗礼を受け、「レオナール」と名付けてもらい、レオナール・フジタとなる。昭和四十三(1968)年一月二十九日にレオナール・フジタは逝去。八十一年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA