山田耕筰

概要

 山田耕筰(やまだこうさく)明治十九(1886)年丙戌(ひのえいぬ23)六月九日生誕 -昭和四十(1965)年十二月二十九日逝去(七十九歳)は、作曲家、指揮者。

経歴

 明治十九(1886)年丙戌(ひのえいぬ23)六月九日に東京府東京市本郷(現、東京都文京区)で誕生する。

 明治三十七年(1904年)に東京音楽学校予科に入学する。明治四十一年(1908年)に、東京音楽学校(後の東京藝術大学)声楽科を卒業する。明治四十三年(1910年)から3年間、三菱財閥の総帥・岩崎小弥太の援助を受けてドイツのベルリン王立芸術アカデミー作曲科に留学する。

 大正三年(1914年)に岩崎が組織した東京フィルハーモニー会の管弦楽部首席指揮者を任される。大正四年(1915年)に山田の恋愛問題により岩崎が激怒し、資金源を断たれて解散する。

 大正十年(1921年)に文化学院音楽科主任となる。オーケストラ楽団の失敗により多額の借金を抱えていたが湘南の茅ヶ崎町で再起する。童謡名曲が数々生まれる。昭和十二年(1937年)に相愛女子専門学校(現:相愛大学)教授に就任する。

 戦時中に音楽挺身隊を結成してしばしば占領地での音楽指導にも携わる。将官待遇となりしばしば軍服姿で行動したため、後の「戦犯論争」の槍玉に挙げられることとなる。昭和三十一年(1956年)に文化勲章を受章する。昭和四十(1965)年十二月二十九日に山田耕筰は逝去。七十九年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA