石川啄木

概要

石川啄木(いしかわたくぼく)明治十九(1886)年丙戌(ひのえいぬ23)二月二十日生誕 -明治四十五(1912)年四月十三日逝去(二十六歳)は、歌人、詩人。本名は石川 一(いしかわ はじめ)。

経歴

 明治十九(1886)年丙戌(ひのえいぬ23)二月二十日に岩手県南岩手郡日戸村(現在の岩手県盛岡市日戸)で、曹洞宗日照山常光寺住職の父・石川一禎(いってい)と母・カツの長男として誕生する。

明治二十(1887)年三月に父が渋民村(現在の盛岡市渋民)にある宝徳寺住職に転任したのにともなって一家で渋民村へ移住する。明治二十四年(1891年)に渋民尋常小学校に入学する。明治二十八年(1895年)に盛岡高等小学校(現・下橋中学校)に入学する。盛岡市内の母方の叔父の元に寄寓する。

 明治三十一年(1898年)に岩手県盛岡尋常中学校(啄木入学の翌年、岩手県盛岡中学校と改名、現・岩手県立盛岡第一高等学校に入学する。三年先輩に金田一京助がいた。のちに妻となる堀合節子と知り合う。『明星』を読んで与謝野晶子らの短歌に傾倒する。上級生の野村長一(のちの野村孤堂)や及川古志郎らの影響を受けて文学への志を抱く。明治三十五(1902)年十月二十七日に盛岡中学を退学する。

 明治三十五(1902)年十一月九日に新詩社の集まりに参加する。翌日、与謝野夫妻を訪ねる。出版社への就職がうまく行かず、結核の発病もあり、明治三十六(1903)年二月に父に迎えられて故郷に帰る。

 明治三十七(1904)年一月八日に盛岡で恋愛が続いていた堀合節子と将来の話をする。堀合家から婚約に関して同意を得られる。明治三十八(1905)年一月五日に新詩社の新年会に参加する。同年三月に父親が宗費滞納のため渋民村宝徳寺を一家で退去するという事態が起きる。

 明治三十八(1905)年五月三日に出版費用を自分で集めた第一詩集『あこがれ』を小田島書房より出版する。同年五月十二日に堀合節子との婚姻届を啄木が東京に出て不在のため、父親が盛岡市役所に出す。同年六月四日に盛岡に帰り、父母、妹光子との同居で新婚生活を送る。

 明治三十九(1906)年四月十四日に渋民尋常高等小学校に代用教員として勤務する。明治四十(1907)年一月に函館の文芸結社・苜蓿社(ぼくしゅくしゃ)より原稿の依頼があり松岡蕗堂らと知遇を得る。同年四月一日に函館に出ようと決意して渋民尋常高等小学校に辞表を提出する。

 明治四十(1907)年五月五日に函館に移る。妻子は盛岡の妻の実家、妹は小樽駅長の義兄に託した。同年六月に吉野白村の口利きで、函館区立弥生尋常小学校の代用教員となる。そこで橘智恵子と知り合う。同年八月に代用教員在職のまま函館日日新聞社の遊軍記者も兼ねる。同年八月二十五日の函館大火により勤務先の小学校と新聞社がともに焼失する。

 明治四十(1907)年九月に単身で札幌へ渡り、北門新報社の校正係となる。同年九月末に北門新報社を退社する。『小樽日報』記者とが同年十二月に社の内紛に関連して暴力をふるわれ退社する。明治四十一(1908)一月に小樽日報社長兼釧路新聞社長である白石義郎に誘われ、家族を小樽に残し、釧路新聞(現在の北海道新聞社)に編集長として勤務する。同年三月に上司である主筆への不満と東京での創作活動へのあこがれが募り、釧路離れる決意をする。

 明治四十一(1908)五月二日に与謝野鉄幹につれられ森鴎外宅での観潮楼歌会に出席する。明治四十二(1909)年一月に『スバル』が創刊する。啄木が発行名義人になる。同年三月一日に『東京朝日新聞』の校正係となる。同年六月十六日に函館から妻子と母が到着して本郷区本郷弓町の床屋「喜之床」の二階に移る。同年十二月に父も同居するようになる。

 明治四十四(1911)八月七日に小石川区久堅町(現、文京区小石川5丁目-11-7)へ移る。同年十二月に腹膜炎と肺結核を患い、発熱が続く。明治四十五(1912)年三月七日に母カツが死去する。同年四月十三日午前9時30分頃、石川啄木は妻、父、友人の若山牧水に看取られて逝去。二十六年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA